車の足回りからコトコト異音がする!原因は何?修理代はいくら?

最近、車の運転中に、足回りから「コトコト」音がなる。
最初は不定期に出ていた音だけど、だんだん頻度が上がってきている。
原因は何だろうか?音の原因は何か知りたい!

今回の記事では足回りから「コトコト」異音がなる原因について解説していきます。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

コトコト異音がなる原因4つ

白クマ先生

コトコト音が鳴る原因は前提として、サスペンションの異常が原因です
サスペンションに付属する、どこかの部品の損傷で音がなります。
それでは紹介してくね!
  1. アッパーマウントの消耗している音。
  2. スタビライザーリンクのネジの緩み。
  3. ポールジョイントガタによる音。
  4. ブッシュ類が消耗している場合。

1 アッパーマウントの消耗している音

アッパーマウントとは、サスペンションとボディーを繋ぐ緩衝パーツです。
振動や衝撃を吸収するため、ほとんどがゴムでできており、走行距離や温度などの環境の変化で劣化します。

ゴムの劣化が起こると、硬く柔軟性がなくなり、路面からの振動が吸収されず、「コトコト」と言った異音が起こります。

振動が吸収されない事で乗り心地が悪くなる場合が多いです。

2 スタビライザーリンクのネジの緩み

スタビライザーとは、車のサスペンションの一つで、車体が横揺れするのを防いでくれます。

2つのサスペンション同士を繋ぐ棒状の部品で、カーブを曲がる時に車輪が片方側へ傾くという横揺れを抑えます。

車が安定して走行する為の大切な役割を持っているんですね!

鈴木ソリオ

しかし、凸凹した路面を多く走ったり、スピードが出た状態で大きなカーブを曲がると、強い横揺れ現象が起きて、スタビライザーに過度の負担がかかります

負担がかかると固定している部分のネジが緩み、部品同士が擦れます。

擦れた時に「コツコツ」と音がします。

3 ポールジョイントガタによる音

車の足回りは曲がる・止まる・走るなど、路面からの振動で様々な方向に動きます。
足回りは様々な動きに対応できるように、1つ1つの部品同士の動きが計算されて精密に組み込まれています。
人に例えると、関節と関節が上手く連動して動きを作っている状態と同じです。

車の場合、関節は金属同士が合わさっています。
合わさった関節部分を「ポールジョイント」と言います。

この部分は、金属同士を滑らかに動かす為に「グリース」が塗られています。

ミシンの修理で言うと部品同士に油を刺すと同じことですね。

鈴木ソリオ

しかし、凸凹した道・スピードが出た状態でカーブをを多く走ると、ポールジョイントに負担がかかります。
結果、塗られたグリースが油ぎれ現象を起こして金属同士が磨耗します。

磨耗した時に「コトコト」音がします。

4 ブッシュ類が消耗している場合

ブッシュとは車体とサスペンションを繋ぐゴム製品です。
主な役割は衝撃を緩和することです。

サスペンションは路面の凸凹・発進停止の前後運動カーブを曲がる時の遠心力を吸収します。
吸収を何度も繰り返すとサスペンションに負担がかかり、同時にブッシュに負担がかかり劣化します。

ブッシュ(ゴム)が劣化して部品同士が擦れ合った時に「コトコト」音がします。

コトコト音がする一番の原因はアッパーマウント!

 

白クマ先生

元専門家の私の経験上、アッパーマウントが原因で音がするのは全体の8割ほどです。

最初に「コトコト」と音が鳴るのはゴムの劣化だとお伝えしました。
ゴムは経年劣化する消耗品なので、定期的な交換が必要になります。

交換の目安は新車登録から10年経過・走行距離10万キロが一つの参考です。

交換した後、ボディーとサスペンションの間に振動や衝撃が吸収できるので、乗り心地感が格段に安定するでしょう。

また、交換する際には専門の知識が必要になるので、自分で交換ではなく、専門家に依頼しましょう!

修理費用はどれくらいかかる?

白クマ先生

ディーラーや車修理工場によって異なります。お店で見積もりを受けることをお勧めします。
アッパーマウント
  • 部品代で一カ所あたり5,000円~1万円。
  • 作業工賃が一カ所あたり5,000円~1万円
  • 四輪トータルアライメント調整が1万円~2万円。

合計すると4輪分で、約10万円もの費用となります。

スタビライザリンクの修理代
  • 部品代で一箇所あたり 5000円〜6000円
  • 工賃一箇所あたり3000円〜3500円

片方が交換する際は2つ両方交換する事が多いです。

合計すると約20000円になるでしょう。

ブッシュ類

ブッシュ1セットの価格は7000~8000円

ブッシュのみの交換でなく、衝撃を吸収・安定させるダンパーなどを4輪で交換します。

工賃を含めて約20万~30万円になるでしょう。

まとめ

いががでしたか?

足回りから「コトコト」音がするのは、前提としてサスペンションの異常・故障です。
サスペンションに付属している、〇〇部分が故障していると認識してください。

よくあるケースで「コツコツ」音が鳴っても、いつの間にか音が消えている場合があります。

音が消えたので「直った!!」と思うでしょうが、その認識は危険です。
気づかず直っていない車を乗り続けて、バランスを崩して他の部品まで損傷する場合が多いです。

損傷部位・箇所によって修理費が高くなるケースをたくさん見てきました。
後々に重症化して高額な修理費を払わない様に「コツコツ」音がした時は、早急にディーラーや車の修理工場へ相談へ行きましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。