車の運転中にブレーキを踏むと異音がする!原因は何?解決方法は?

私たちの生活を支えてくれている車は、欠かせないものだから、大切に乗るために定期的にメンテナンスを行っている。

しかし、最近、車のブレーキを踏むと、どこからか異音がする。
部品が何か壊れているのだろうか?

今回の記事ではブレーキを踏んだ時に出る異音の原因・対処法について解説します。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

ブレーキを踏むと音がする!正体はなに?

走行中にブレーキを踏む毎に「キーッツ」「ゴーッツ」「シューツ」など、音が出ると何か異常があり、突然ブレーキが効かなくなったりするのではないかと不安になりますよね?ブレーキを踏んだ時に何か音がなるという事は必ず原因があります。

白クマ先生

原因を解明して対処法を後ほど解説していきますね!
  1. ブレーキパッドが磨耗している。
  2. ブレーキパッドが硬化している。
  3. ブレーキディスクが錆ている。
  4. ブレーキブースターのエアーが漏れている。

ブレーキパッドが磨耗している

ブレーキパッドとは、タイヤと連動して、回転しているブレーキディスクを挟む装置です。
ディスクの両面に装備され、挟み込む事で車が停止します。

走行中にブレーキを踏んだ時に「キーッ」と音がする場合はブレーキパッドが磨耗しています。
ブレーキパッドは新品時、厚さが10ミリほどですが、2〜3ミリ以下になれば、音がなるので交換の目安になります。

交換せず、放置して走り続けるとブレーキの効きが悪くなり、重大な事故に繋がる可能性もあります。

白クマ先生

「キーッツ」音がなる時はブレーキパッドのSOSのサインが出ていると思っください。

ブレーキパッドが硬化している

使用頻度が少ない車は、ブレーキパッドが硬化しやすくなります。
例えば、運転するのは土日のみで、ブレーキの使用頻度が少なくなると、パッドが硬化しやすくなります。

硬化が進むとディスクと接地する面積が狭く、均等に圧が加わりにくくなります。
結果、パッドがディスクに不均等に擦れると音がします。

ブレーキディスクが錆ている

ブレーキディスクは外部に露出していいるので、自然と雨に当たりやすくなります。
濡れた状態で長期間放置・走行していると、いくら防水加工されていてもディスクでも錆びてきます。

ディスクが錆びている車の特徴は、自宅に駐車場の屋根がなく長時間雨に当たっている車が特徴ですね。

白クマ先生

「ゴーッツ」と音がする場合はブレーキディスクが錆びている事が考えられます。

ブレーキブースターのエアー漏れ

ブレーキブースターとは、運転手のブレーキを踏み込む時に、圧力軽減の補助を行うシステムです。別名、倍力装置と呼ばれます。

ブースターのエアーが漏れていると「シュー」という音がします。

ブレーキを踏むのにサポートしてくれる大切な存在ですね!

鈴木ソリオ

ブレーキを踏んだ時に異音がする対処法は

初期の段階では自分で応急処置を行う方法があります。
例えば、ブレーキパッドの音を軽減する「鳴き防止剤」滑りを良くする「グリス」を塗る方法があります。
これらの商品は車専門店で500円ほどで販売されています。

しかし、応急処置をしても「キーッツ」「ゴーッツ」「シューッ」音が解決しない場合は早急に他の対策をする必要があります。

白クマ先生

これから解決方法を紹介するね!
  1. 自分で修理をする。
  2. プロに修理を依頼する。

自分で修理をする。

一時的に音がなる場合、応急処置として自分で「塗る」程度ぐらいの修理ができます。
しかし、応急処置しても音が鳴る場合は部品の交換・修理が必要なのでそれ以上車を触らない方がいいです。

ネットで検索するとブレーキパッドの交換を促す動画など流れていますが、絶対にやめた方がいいです。
素人が部品を交換した後に公道を走行中、ブレーキが効かない事が原因で重大な事故につながったり、命に関わる恐れがあります。

白クマ先生

車が動かないより止まらない方が危険です。

また、事故後に自分で修理をしたことによる過失事故だと判明した場合、保険が適用されない場合もあります。

プロに修理を依頼する。

自分ではどこの異常か判断するのは難しいので、早急に車販売会社や修理工場に修理を依頼しましょう。
プロにお願いするメリットは「安心を買う」事です。

費用はかかりますが早急にプロにお願いしましょう!

修理するといくらする?

白クマ先生

おおよその目安になる表を作りました!参考にしてください!
修理箇所 工賃込みの値段
ブレーキパッドの交換・調整込み 1箇所1輪 10,000円〜50,000円
ブレーキディスクの研磨費用 1箇所1輪 5,000円〜10,000円
ブレーキディスクの交換 5,000円〜
ブレーキブースターの交換費用 15,000円〜5,0000円程度

修理・交換費用はおおよそ数万円になります。
作業時間は60分くらいかかります。

白クマ先生

当日予約をすると混み合って受付してくれない場合があります。
必ず事前予約をしましょう!

まとめ

いかがでしたか?
ブレーキを踏んだ時に音が鳴る原因は理解してもらえたでしょうか?

先ほど、自分で応急処置を行うお話をしましたが、元車買取店の私としては応急処置だとしてもあまりオススメしません。
なぜなら、車は走行するより、ブレーキに不都合が生じる場合の方が最も危険なため、ブレーキ関係の修理はプロにお願いするべきだと考えています。

応急処置はあくまでも修理に持ち込むためのつなぎ感覚でいただけたらと思います。

プロにお願いすれば部品代・工賃が一時的にかかりますが、安心をお金で買う方が最も賢明だと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。