カーシェアリングはおすすめ?メリット・デメリットを本音で解説!

車を所有しているけど、維持費が高くて困っている。
自動車の支払い・保険料の支払い・来月は車検があるので今後車をどうしようか悩んでいる。

少しでも維持費は安くならないか考えている時に、テレビでカーシェアリングの特集をしていた。

カーシェアリングは便利だと言われているけど実際はどうなの?
今回はカーシェアリングのメリット・デメリットを使ってからの本音で解説していきます。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

カーシェアリングとは

カーシェアリングとは特定の自動車を会員同士で共有し、借りたいときだけ借りることのできるサービスです。
15分程度の単位から車を借りられるので、短時間の利用であればレンタカーより断然割安です。

家族・友人などの送迎、ちょっとした用事や気分転換のドライブで利用される方が多いです。
他に利用される方の特徴として、自分で車を所有していないけれど、短時間・高頻度で車を使いたいという人に向いている仕組みです。

カーシェアリングのメリット5つ

  1. 短時間・短距離の利用が割安
  2. 保険料・ガソリン代を支払う必要がない
  3. 車検代・税金を支払う必要がない
  4. 気分転換で車を変えれる
  5. キャンセル料がかかりにくい

1短時間・短距離の利用が割安

カーシェアリングでは短時間で使用できます。
10分15分単位で使用できるのでちょっとして外出や送迎で使用できます。

レンタカーでは最低でも6時間単位でしか借りる事ができない所が多いです。

2保険料・ガソリン代を支払う必要がない

カーシェアリングは保険料や燃料費は利用料金に含まれています。
レンタカーの場合1日1000円前後の保険料がかかります。
また、窓口で保険の加入書類の作成や、ガソリンを満タンにして返却する必要はありません。

注意
一部の会社で6時間以上の利用はやく15円/㎞の距離料金がかかる場合があります。

3車検代・税金を支払う必要がない

車を所有者(カーシェアしている会社)が毎年の自動車税を支払うので使用者が税金を支払う必要はありません。
税金にを払う手続きにかかる時間も浮きます。
また、運転者が所有しないので新車であれば2年に1回以降は3年に一回の車検代を支払う必要がありません。

4気分転換で車を変えれる

気軽に乗り換えられるのがカーシェアリングのメリットでしょう!
あなたが購入を考えている車があればカーシェアリングで試す事ができます。
座った時の感覚・ハンドルの重さ・広さを確認できます。
実際に自分で運転しないとわからない事が事前に確認できます。
これはカタログだけ見てもわからないので実際に乗って運転して試す必要があります。
欲しかった車を購入する前にカーシェアリングで試してみてはいかがですか?

また、カーシェアリングでは、人気の大衆車からベンツのような輸入車まで車種に乗る事ができます。
気分屋目的によって使い分けるのも面白いと思います。

5キャンセル料がかかりにくい

キャンセル料がかかりにくいのも魅力的です。
例えば、カーシェアリングの予約をしたのに、急な予定が入ってしまって直前にキャンセルしなければいけない状態になったとします。
しかし、ほとんどの場合キャンセル料は発生しません。

当日キャンセルはホテルやレンタカーの場合、50%くらいの費用が発生します。
キャンセル料が発生しないなんてカーシェアリングは良心的ですね!

カーシェアリングのデメリット5つ

白クマ先生

メリットもあれば必ずデメリットもあるよ!
それでは解説していきますね!

3歳以下のチャイルドシートがない

ごく一部の店舗で貸し出しをしていますが、基本的にチャイルドシートは付属していません。
理由はチャイルドシートを座席に固定すると乗車席が一つ減ってしまうからです。

チャイルドシートを使用しないお客さんにとってチャイルドシートがあると、座れない・荷物が置けない事態になります。
そのようにならない様に基本はチャイルドシートは使用者が自分で準備して取り付けする必要あります。

使用しなくても月額基本使用料がかかる

カーシェアリングはキャンペーンを活用すると基本的に初期費用はかからずに始める事ができます。
しかし、初月以降では使用していなくても、基本料金が1000円程度の料金が発生します。
毎月数回は使用する方には基本料金に保険等含まれていますが、全く使用しない月があるのに月額料金を払うのは大きなデメリットです。

ペット連れていけない

かつてはカーシェアリングではゲージを入れる条件にペットの同乗を許可していました。
しかし、車内に大量の毛が残っていたり、排泄物が残されたりマナーの悪い利用者の影響でペットの同乗が禁止されました。

レンタカーでは使用後は毎回貸し出した会社が掃除を行います。
しかし、カーシェアリングは使用者が使用後に自ら掃除を行いますので会社の掃除ができないので次の使用者への対応ができません。

自分の荷物を置きっぱなしにできない

自家用車であれば自分の好きな荷物を置く事ができます。
例えばゴルフが好きな方は、いつでもゴルフができる様にゴルフセットを置きっ放しにできます。
しかし、他の利用者が使用するのであなたの趣味の道具を置く事ができません。

灯油も禁止

冬の寒い時期になると灯油ガソリンスタンで給油をし、自宅のストーブの燃料として使用します。
ガソリンスタンドから自宅まで灯油を運ぶ使用者がガソリンををこぼした場合独特のツンとした匂いが残ります。
この匂いはなかなか取れず、次の利用者への影響もあるのでペナルティーが課されます。

時間に拘束されるので急いで戻らないといけない

カーシェアリングを利用する時間はおおよそ15分から30分以内です。
ちょっとした用事を済ます場面が多いです。
しかし、無事に用事が済めばオッケーですが、突然のトラブルやイレギュラーが起きた際に返却時間が遅くなる場合があります。

利用者の心理としては「時間内に返却しないと次の利用者に迷惑がかかる」「追加料金が発生する」等の焦りが出て、運転が荒くなったり、事故を起こすリスクが高くなります。

まとめ

カーシェアは上手に利用すればレンタカーよりはるかにお得で使用できます。
お得に利用できる分浮いたお金で好きな事をしませんか?

まだ、カーシェアリングを利用した事がない方は一度利用される事をおすすめします!