車の一括査定した後の断り方は!?ストレスなくスムーズな方法を解説

先日、一括査定で申し込んだAという業者さんに車を売却しようと考えている。
しかし、売却が決まっていてもB.C店など、他の業者さんからたくさん電話はメールが来る。

相手を立てて、スムーズに断りを入れるにはどうしたらいいかわからない。

今回は一括査定した後の上手な断り方について解説します。

白クマ先生

また、断り時に使える「フレーズ」「注意点」「ストレスない」ポイントも紹介しています。
最後まで読んでください!

ストレスなく上手に断る方法

白クマ先生

一括査定を申し込んで、断りにくいのが本音ではないでしょうか?それではストレスなく上手に断る方法を解説しますよ
  1. 査定額が知りたかったとう事を正直に言って断る
  2. 見積もり段階なら電話・メールで断っても大丈夫
  3. 着信拒否はしてもいい?
  4. ネット上で提携会社にキャンセルの申し込みをする

1査定額が知りたかったとう事を正直に言って断る

実際に買取業者に車の状態を見てもらわなければ、あなたの車の価値(査定額)はわかりません。
ネット上の査定額では、あくまでも参考価格なので今の自分の車の価値はわからない。

だから、価値(査定額)を知りたかったというのが本音ではないでしょうか?
ですので、一括査定を利用して現在の価値(査定額)を知るという方法も有りだと思います。

一括査定の買取業者から問い合わせがあれば「査定額が知りたかった」と正直伝えましょう。
車を売るつもりはないが、その後の交渉まで受けてしまうと、買取業者はあなたの車を買い取りたいのでしつこく電話をかけてきたり、後々の大きな手間になります。

白クマ先生

トラブル防止のためにも売却する意思を見せず、査定額が知りたかっただけだと正直に伝えましょう。

あなたの車の適正価格を知る方法はこちらを参考にしてください。

2見積もり段階なら電話・メールで断っても大丈夫

一括査定を申し込む時点で複数業者に見積もりを取ることが大前提なので、見積もりの時点で断るのはオッケーです!
しかし、条件が合わず売却しないときは、できる限り早い段階で断りましょう。

理由は断るタイミングを逃してしまうと断りにくくなるからです。
買取業者は車の買取が可能だとある程度の目安が立つと、事前に書類の準備・オークションの準備・整備の準備など、多くの人が動いて準備に取り掛かります。
しかし、ギリギリのタイミンで断ってしまえば準備をしてくれた人達に多大な迷惑をかけてしまいます。

法律では契約書にサインをするまで、キャンセルは可能ですが、モラルとして問われることになります。
また、悪質な業者の場合高額なキャンセル料が請求されたり、トラブルになる場合があります。

3着信拒否はしてもいい?

着信拒否はあくまで最終手段であって、出来るだけしない様にしましょう。
ただし、1つのある買取店からの勧誘で売却を何度も断っているのに、しつこく契約を勧められたなど、不快な思いをした場合は着信拒否をすることもありだと思います。

しかし、一部を除いて買取業者が1回目の電話をかけた際にいきなり着信拒否にだった場合、一括査定へのイタヅラ目的と認定される場合があります。
その場合、今後一括査定を申し込みしようとしても、過去のイタヅラとしての履歴が残るのでサービスを利用できません。

4ネット上で提携会社にキャンセルの申し込みをする

一括査定の中にはネットで車査定の申し込みをキャンセルできるサイトもあります。
しかし、おおよその車一括査定では申し込み後すぐにたくさんの電話がかかってきます。

たくさんの電話勧誘が苦手な方はこちらのサイトを参考にしてください。

ネット上でキャンセルができれば、しつこいくらいにかかってくる電話もなりませんし、売主の時間や手間をそれ以上に取らなくても大丈夫になります。

しかし、何度も申し込みやキャンセルを繰り返した場合、いたずらだと見なされる可能性が高くなります。
一括査定の申し込みで事前にメールでキャンセルできるか確認しておきましょう!

断るときに使えるフレーズは?

白クマ先生

1つの買取業者に車を売却した後は他の買取店に断らないといけません。
その際に使えるフレーズを紹介します!

車の買い替えを中止したと伝える

車の買い替えを中止したと伝えましょう。
例えば、家族の反対があり今の車をそのまま乗り続けると言った方法もあります。
買取業者はあなたの車を買い取りたいのが本音ですが、あなた以外の所に原因がある場合買取は難しいと判断してしつこい営業はなくなります。

他の買取業者に売却したと伝える

一括査定を利用して買取店から電話がかかってきて来たけれど、今すぐ売るつもりがない場合でも「売却先を決めた」と言って断りましょう。
気をつけるポイントは「曖昧は返事をしない」ということです。

売却がまだ決まっていない場合だと買取店が他店の買取金額を聞いてきたり、それよりも高い金額を出すと言って断りにくい状態になります。
買取店は一刻も早くあなたの車を買い取って売却して利益を得たいと考えています。

そのため、売却先が決まっていないなど、曖昧な返事をするとしつこい電話がかかってきたりする場合があるので一括査定を申し込んだ側のストレスとなります。

家族や友人に車を譲ることにした!

ここでのポイントは「無料で譲る」と伝えます。
この時に「売る」と買取業者に伝えると「いくらで売りましたか?」「うちではもっと高く買い取ります」などしつこい営業がある場合があります。
家族・友人に譲ることにする場合必ず「無料で譲る」と伝えましょう。

まとめ

いかがでしたか?
一括査定を申し込んだ後は買取業者からの電話の問い合わせが多くなります。
きちんと正しい断り方をすれば、それ以上のしつこい営業はかかってきませんし余計のストレスはかかりません。

上手に一括査定を利用しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。