高齢者の親に優しい軽自動車は女性でも運転しやすい?5つの特徴とは

親が高齢になってきて最近足腰が弱ってきている感じがする。
よっこいしょ!」と声をかけながら乗り込むので車の乗り降りが大変そう。

高齢者に優しい軽自動車を探しているが、どんな車の特徴がお勧めなのか探している。

しかも、まだ母は車を自分で運転したいと言っているので、乗り降りが楽で女性でも運転しやすい軽自動車の購入を考えてる。

今回の記事では高齢者の親に優しい軽自動車の特徴をご紹介します。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

高齢者の親に優しい軽自動車の特徴5つ紹介

  1. 床が低い車を選ぶ
  2. アシストグリップがある車を選ぶ
  3. サポートカー機能がついている車
  4. 赤や黄色の車を選ぶ
  5. スライドドア機能がついている車

1床が低い車を選ぶ

乗り降りをする際に床が低い車を選ぶのがお勧めです。
理由は地面から大きく足を上げなくても、楽に車内に乗り込めるからです。

高齢になれば筋肉が衰えるだけでなく、関節も硬くなるので足を上げた際に関節が引っかかります。
足の上げ方を間違えると高齢者の場合、つまづいて転倒する恐れがあります。

床が低く乗りやすい車で、高齢者の足の負担・転倒を防止してあげたいですね!

鈴木ソリオ

床が低い事で室内を高く利用できる

床が高いとどうしても天井部分が低くなります。
低い場合だと乗り込むさいに必ず腰を丸めないと車に乗りこめません。

腰が痛い高齢者は、腰を曲げる時に痛みを感じる方が多いので、腰を丸めず乗り込める車は大きな魅力ですね

鈴木ソリオ

2アシストグリップ車を選ぶ

アシストグリップとは後部座席に乗る時につかめる取っ手があると便利です。
乗り込む時に足だけの力で乗り込むより、足と手の力を使って乗り込む方が足に負担がかかりにくいです。

取っ手がない場合だと、片方に体重をかけて移動するので、膝周りを怪我をしてしまう恐れがあるのでアシストグリップの役割は重要です、

3サポートカー機能がついている車

平成19年以降の75歳以上の高齢者による死亡事故は件数は横ばい、構成比は増加傾向でした。
事故の内容はブレーキとアクセルの踏み間違いが主で未然に防げる事故でした。

高齢者向けに未然に防げる対策としててサポートカーが誕生しました。
サポートカーは大きく分けて2種類あります。

衝突被害軽減ブレーキ(代車両・対歩行者)

サポートカーによって車載のレーダーやカメラにより前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合は運転手に対して警報します。
さらに衝突の可能性が高い場合は自動でブレーキを作動させます。

ペダル踏み間違い時加速抑制装置

停止中低速走行時に、車載のレーダー、カメラ・ソナーが前方や後方の壁や車両を検知している状態でアクセルを組混んだ場合には、エンジン出力を抑える等により、急加速を防止します。

サポートカー機能が掲載されている車を運転する事で、事故の予防ができますね。
また、事故を起こした場合でも、サポートカーの作動によって誰も怪我をしない事を望みます。

鈴木ソリオ

4赤や黄色の車を選ぶ

高齢者が運転する車には暖色系のカラーがお勧めです。
理由は暖色系からは膨張色であるため、より接近しているように見えて事故のリスクを避けられます。

しかし、高齢者が避けたい色はブラック系の色です。
特に夜間になると周囲の景色に溶け込んでしまい、歩行者や自転車がこちらに気づかず発見が遅れます。
結果、交通事故の発生率が上がると言われています。

5スライドドア機能がついている車

一般のドアよりスライドドアの方が、乗り降りる時にスペースが広く活用できるので楽に移動ができます。
理由はドアを開けた時に狭いと、乗り降りする際に腰を大きく曲げる必要があるからです。

また、スライドドアであれば突然の風がきても急に開いて隣の車のボディーを傷つける心配はありません。
隣の車のボディーを傷つけた際はトラブルなるので未然に予防できます。

ミニバンは高齢者に優しい?

ミニバンは軽自動車より大きく普通自動車よりは小さい車です。

軽自動車と比較すると小回りが若干大きくなるので、元々軽自動車運転されている方にとっては少し運転しにくいかもしれません。
また、小回りが利きにくい事も運転しやすさを求めるには大きなポイントです!

高齢者が乗りやすい車まとめ

  1. 床が低い車を選ぶ
  2. アシストグリップがある車を選ぶ
  3. サポートカー機能がついている車
  4. 赤や黄色の車を選ぶ
  5. スライドドア機能がついている車

いかがでしたか?
最近高齢者の事故が多くニュースで見受けられる様になりました。
事故の内容がほとんどアクセルとブレーキを踏み間違えている事で起きています。

これらの事故は未然に防げたはずです。
もし、事故を起こした車にサポートカーの機能がついていれば何らかの形で事故は防げたはずです。
もしかすると事故そのものを防げたかもしれません。

事故の多発に伴い軽自動車業界はサポートカーの導入で安全装備に向けて準備しています。

今後より安全装備が充実していくでしょう。

今後ますます軽自動車が運転しやすい時代になっていくのではないでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。