エアコンが壊れた車は下取り査定にどう影響する?金額が知りたい!

新しい車の購入資金に今乗っている車を下取りに出そうと考えている。

しかし、「エアコンが壊れている」状態で査定してもらうと、金額がどれくらい下がるのか知りたい。

また、下取りに出す前に修理をした方いいのか?など、壊れたエアコンを下取り査定に出す際の注意点が知りたい!

あなたの車の買取相場を知る

今回の記事でわかる事
  • エアコンが壊れた車の下取り価格はこれくらい下がる!
  • 下取り前に修理しない方がお得な理由
車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

下取りに影響する具体例を紹介!

ほとんどの中古車買取業者やディーラーでの下取りでは、JAAI(一般財産法人日本自動車査定協会)が定めた項目を基準として、査定を行います。

このJAAIが定める査定項目は「年式・走行距離・事故・ヘコミ」など、細かく分けられており、その中にエアコン故障の項目も含まれています。

共通基準で査定するので、エアコンが故障をしている車をどの中古車買取業者やディーラーでの下取りでもほぼ、同じマイナス査定額になります。

白クマ先生

ここからどの箇所が故障すると、どれくらいの査定額に影響するのか紹介しますね!

ガスが抜けている

送風口から「ぬるい風しか出ない」「車内がなかなか冷えない」といった場合、エアコンの冷却ガスが抜けている事がほとんどです。

しかし、冷却ガスがない。またはガスが抜けている場合は「故障している」とはみなされません。

ガス補充に必要な金額(3千円程)マイナス査定になる程度です。

他に、エアコンの匂いや埃っぽいなどのケースは、フィルターが汚れているだけなので、部品交換のみになります。
この場合、おおよろ2千円ほどの減額になります。

コンプレッサーが故障している

冷たい空気を循環させるための装置で、エアコンを作動するためには欠かせません。
この装置が作動しないということは「エアコンの大元の故障」と判断されます。

コンプレッサーの故障は修理ではなく、部品ごと交換する場合が多いので、効果費用がかかるので査定額は−4万円〜5万円ほどになります。

ファン・モーター等の電装系の故障

ファンやモーターの電飾系が故障すると、吸気や送風ができなくなるので車内に風を送ることができなくなります。

電気自動車・ハイブリッド車などの電装系の修理は非常に複雑なので修理費用もかかります。

ファンモーター等の電飾系の査定額はコンプレッサーと同様、査定額はー4万円から5万円になります。

修理箇所別金額 まとめ

マイナス査定額
ガスが抜けている ー3千円ほど
コンプレッサーの故障 ー4万円から5万円ほど
ファン・モーター等の電飾系の故障 ー4万円から5万円ほど

故障箇所を修理してから下取り査定した方がいい?

白クマ先生

エアコンを修理してから下取りに出した方が査定金額が上がるかどうか気になりますよね?
私の経験上、エアコンは修理せずにそのまま下取りに出しましょう!これから理由を解説しますね!

修理しない方がいい理由

  1. 査定額が下がるより修理費の方が高くなる
  2. 修理に期間がかかる

1査定額が下がるより修理費の方が高くなる

例えば、一番費用がかかるコンプレッサーの交換にはおおよそ、5万円から10万円の費用がかかります。
下取り前に売主が交換した場合は「お金をかけて修理したので高く買い取ってくれるだろう」と思います。

しかし、実際にはコンプレッサーの故障車を査定したとしても、多くても4万円〜5万円のマイナス査定となります。

白クマ先生

つまり、査定額がマイナスになるより、修理費用の方が高くなったという事です。

査定額が下がるより、修理費が上回って損するのでエアコンの修理はしない方がいいですね!

鈴木ソリオ

2修理に期間がかかる。

エアコンのガスの補充でしたらおおよそ2時間程度で終わります。
しかし、コンプレッサー交換には2日かかる場合があります。

修理工場によっては月末には混み合う場面も多く、予約が取れないケースもあります。
修理すれば、丸一日車が使えなくなるので代車が必要になります。
場合によっては、修理した本人が代車の費用を負担する場合もあるので、時間などのコストを考えて修理をする必要はありません。

査定士にエアコンの故障は事前に伝えた方がいい?

査定士にもよりますが、季節の良い時期はエアコンの稼働を確認しない時があります。

そうなれば、査定士がエアコンの故障に気づきません。

気づかないならエアコンの故障を黙っていくのは絶対にやめた方がいいです。
あなたの「少しでも高く買ってほしい!」という気持ちはよくわかります。

しかし、事前に言いましょう!

伝えた方いい!元車買取人の個人的な考え

伝えなかった事で後々でトラブルになる可能性が高いので故障は事前に伝えた方がいい!

新しい買主がやっとの思いで購入した中古車が「いきなりエアコンがかからない」状態であればどう思いますか?
<購入者の心理>

  • 修理してもまた、故障が起きるかもしれない
  • 買取業者が故障を見落としたのか
  • 売る前に整備をしていなかったのか
  • 他の箇所も故障しているのでは?

など、買取業社に不信感を募らせます。
結果、購入者がキャンセルする可能性もあります。
では、買主が車の購入をキャンセルした場合、販売までの手数料・キャンセル料等の費用は誰が払うのでしょうか?

最悪の場合、故障箇所を黙っていた車の元の所有者に責任で支払う場合があります。

白クマ先生

ここで法律について説明しますね!
日本には「瑕疵担保責任」という法律があります。

買取店が車を買い取った後、車の元所有者から申告されていない不具合が見つかった場合、修理費や整備代などの請求することができるという、売主が負う責任のことです。

つまり、エアコンの故障を黙っていたことによって発生した金額を、元の所有者が支払うという形になるんですね!
結果、査定額が大幅ダウンした形になりました。

故障していても事前に査定士に伝えておけば、必要以上の手数料支払う必要がありませんでした。

故障箇所は以前に伝えましょう!

故障していても下取り額を高くする方法は?

  1. 一括査定を利用する
  2. ディーラーではなく買取店で車を売る

あなたの車の買取金額を調べる

1 一括査定を利用する

一括査定を利用することで、最大100社以上の買取業社が競い合うので査定額が高くなります。
「安く仕入れて高く売る」ことは商売の基本ですが、買取業社は「売る車」がないと、商売は成り立ちません。

車買取業社は、商品になり得るあなたの車を手に入れたいのです。
そのために他社との価格競争を行う中で、会社の予算ギリギリの査定金額を提示することも考えています。

さらに、複数の買取業者が介入すると、競争意識は高まり、売り手側にとって非常に好条件で車を高く売る事ができるのです。

2 ディーラーではなく買取店で車を売る

車を売るなら、「車買取店」がオススメです。
理由はディーラーの下取りと比較しても、査定額は間違いなく高くなるからです。

事例として、ディーラと買取店の見積もりを比較すると、買取金額が30万円差があった事も報告されています。

白クマ先生

ここまで大きな差がある理由を紹介します。
新車の販売が利益になるディーラーでは、中古車売買の利益を出すルートがないので高額査定は見込めません。

一方の買取店は、独自のルートで中古車の買取り・販売で利益を得ています。

また、車体販売だけでなく、付属しているカーナビやエアロパーツを、様々なルートを使って高く販売するので利益を上げやすいです。

利益を上げる仕組み
  • ディーラーは車の販売で利益を上げている
  • 買取店は車の買取・販売+部品販売で利益を上げている
買取店の方が中古車を高く売る方法を知っているので利益分が査定額に反映されます。

車を高く売りたいなら、「車買取店」で売却しましょう。

まとめ

  1. 下取りに出す場合はエアコンの修理はしない方がいい
  2. 故障箇所は事前に査定士に伝えた方がのちのトラブルを避けられる
  3. 下取りではなく一括査定の方が車は高く売れる