60代女性にオススメの軽自動車!選び方のポイントを徹底解説

高齢化社会といっても、今のシニア世代はとっても活動的。60歳で定年退職した後も仕事を続けていたり、趣味やレジャーを車で楽しむ女性はたくさんいます。

白クマ先生

仕事や買い物、送迎、介護や孫の育児、地域委員やコミュニティへの参加など、女性の多面的な活躍は本当にすばらしいね。
僕の母も、水泳や習い事、講演会に参加など、仕事を辞めてからの方が生き生きと精力的に動き回っています!

鈴木ソリオ

ライフスタイルの変化に合わせて車を乗り換えるのは、生活をより便利で豊かにするために大切なことです。

この記事では、60代の女性向けに

  • 車を選ぶときに重要視したい機能やスペック
  • 生活スタイルに合ったクルマ選びを

の2点について解説していきます。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

白クマ先生

参考にしていただけると幸いです!

60代女性が車を選ぶときに重要視したい機能やスペック4つ


どんな車を選ぶのが望ましいか、乗る人によってそれぞれです。ただ、60代の女性が車を選ぶ際に、これだけは押さえておきたい、という大切なポイントを4つまとめてみました。

①燃費の良さと経済性

軽自動車の大きな利点は、税金の安さ、燃費の良さ、安価な車検費用などです。一度の走行距離は短くても、毎日のように乗車してするほど忙しいこの世代の女性からすると、燃費の良さは必要不可欠でしょう。また、ゆくゆくは年金や貯金で生活していくことも考慮すると、維持費にコストをかけないということは重要なポイントです。

②コンパクトで小回りがきく

”運転がしやすい”とは一体どういうことなのでしょうか?筆者が思うに、運転のしやすさは大きく分けて2つあると思います。

  • 小回りが効くこと
  • ボンネットが短いこと

この両方の条件を満たすのが軽自動車です。小回りを効かすためには、車の全長とタイヤの直径が小さいことがポイントです。またボンネットが短いことで、視野が広くなり快適に運転できます。この2点を押さえた車であれば、運転が苦手な方でもストレスなく運転できるでしょう。

③乗り降りのしやすさと乗車時の快適性

乗り降りのしやすさや快適性に関して、押さえておくポイントはいくつかあります。
まずは、シート座面が腰と平行の位置の車を選びましょう。腰を横にスライドするだけで乗り込めるので、腰への負担が軽減されます。また乗り込む際、アシストグリップのある車だと、手で体を支えながら乗り込めるので非常に楽チンです。


画像はemerging media responceより引用

アシストグリップは車種にもよりますが、オプションで後からつけることもできます。
そしてやっぱり欠かせないのが、乗り降り口が広いことです。わざわざ腰をかがめて乗り降りしなければならないのは、積み重なると体の負担にもなりかねません。

④安全・安心機能

加齢とともに視野が狭くなる、判断力が鈍る、集中力が途切れやすくなる、というのは人間であれば自然なことです。加齢による変化をサポートするための予防安全装備の研究は、昨今急速に進んでいます。
ここではたくさんある安全機能の一部をご紹介したいと思います。

ブレーキをサポートしてくれる「自動ブレーキ機能」

対象物との距離で検知するもの、カメラで認識してくれるもの、電波の周波数のセンサーなど、性能も色々で、正直迷ってしまうことでしょう。
選ぶポイントとしては、自動ブレーキ機能だけでなく、ペダルの踏み間違いなどについてサポートしているサポカーSがオススメです。


Gulliver HPより引用

車間距離を維持してくれる「クルーズコントロール機能」

アクセルとブレーキをコントロールして、一定の距離を保ちながら前の車に追従する機能です。追従走行に加えて、車線の中央を走れるようにサポートしてくれる機能もあります。

緊急時にオペレーターに繋がる「ヘルプネット」

緊急時、付属のボタンを押すとオペレーターに繋がり、救援を依頼できるシステムです。女性が一人で運転していて何か緊急事態が起こった時にも、ひとつの安心基準になります。

ご紹介した安心・安全機能は標準装備ではなくオプションとしてつけられるものが多く、また後付けできないことがほとんどです。「こんな機能もあったんだ!」と、びっくりするような機能も増えています。
車を購入してから「こんな機能があったなんて知らなかった!」と後悔するのは悔しいので、ご自身のライフスタイルに合った安全機能を、じっくり検討することは大切です。

【無料】あなたの愛車はいくら?無料査定はこちら

生活スタイルに合った車選びを


今後どのようなライフスタイルを送ることになるのかを、少し想像することは大切です。私の知人は、車検のタイミングで車を買い替えましたが、数年後に親の介護が始まり、すぐに車を買い換えなければならないいうことになりました。先の未来を想像することは難しいですが、やはり少し考慮に入れておくことも必要でしょう。

介護車としても使うなら、ダイハツ「タント」がオススメ


AUTOCAR JAPANより引用

これは筆者の話ですが、私の実家の祖父も今現在介護が必要で、実際にタントが大活躍してくれています。タントは、広々とした乗り降り口で、床も低いため、スムーズに乗り降りができることが魅力です。後部座席を開けた時、柱がないのがとても乗りやすく、またアシストグリップも付いているので、ある程度、介護者本人の力でも車に乗ることができます。
他の車もいくつか試乗に付き添いましたが、乗り降りがしやすいタントにしてよかったと思います。

まとめ

この記事では、60代の女性が車を選ぶ際、考慮したい機能や選び方について書いてみました。
60代はまだまだアクティブな世代。それぞれのライフスタイルに合った車を選び、ますます人生を謳歌してもらいたいと思います。
この記事を読んだ方にとって、何かのお役に立てると幸いです。