車検代が高くて払えない!簡単に節約できるの?3割安くする方法3つ

車を所有しているので、車検を受ける必要性は、理解しているんだけど・・・

車検代が高い!!

子供の授業料や習い事で出費が増えている。
今は車にお金をかける余裕がない!

そんなあなたに朗報です。

車検代は必ず安くなります。

この記事は、車検の費用をできるだけ安くする方法を解説していきます。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

車検代をできるだけ安くする3つのポイント

車検代を安くする3つの方法はこちら

  1. ユーザー車検が節約に最も効果的!初心者にも簡単
  2. ディーラー車検の値段が高い!?高い理由は〇〇
  3. 車検前準備としてワイパーなどの部品は事前に交換しておく

白クマ先生

工夫次第で車検費用を半額にできるんだよ!
例えば、10万円かかる車検代が5万円になる事も可能なんだ。
5万円も安くなれば、子供の教育資金に当てれるし経済的な負担もかからないですよね?

鈴木ソリオ

ユーザー車検が節約に最も効果的!初心者にも簡単

ユーザー車検とは名前の通り自分で行う車検です。

実は、車検は自分で行う事ができます。

自分で行えば若干の手間がかかりますが、業者に支払う手数料・代行料等が発生しないので費用を安くする事ができます。

全国の自動車検査独立法人のホームページから事前に予約を行い、車検場に行けば自分で車検を行う事ができます。

手間がかかるけど、自分で手続きを行うと節約できますね! 

鈴木ソリオ

車検代を節約するために他の方法を後に説明しますがユーザー車検は最も車検代を安くする事ができます。

全国のユーザー車検の詳細・予約はこちらをご覧ください。

 

ディーラー車検の値段が高い!?高い理由は〇〇

ディーラー車検は他の車検業者より最も高額になります。

理由は、ユーザー車検のように自分で書類作成・手続きを行わない分、作業を全て行なってくれるからです。

車検を受けている最中、お客さんは店内でリラックスをしながらコーヒーを飲んでゆっくりして過ごせます。

また、ディーラーの担当者にもよりますが、お客さんの希望があれば自宅に車を取りに来てもらう事も可能です。

担当者が車を持ち帰って車検を受けて自宅に戻すという事もしてくれます。

つまり、車検を受けるために、自分で車を持っていく手間がかからないという事です。

MEMO
車を取りに来てもらのが可能か事前に担当者に問い合わせしてください。

ディーラー車検が車検が最も高額な理由は、この手間賃が上乗せされているからです。

手続き等の手間を避けたいという事から、車検を受けるほとんどの方がディーラー車検を受けます。

ここで仮にあなたに車検の予算が手元に十分にあり、手間をかけず、丁寧さを求められるなら、ディーラー車検が一番良い選択だと思います。

しかし、今回の車検はできるだけ車検費用を節約するのが目的です。

ですので、費用面を考えるとディーラー車検は得策ではありません。

注意
費用面だけの話であってディーラー車検を否定している訳ではありません。

車検前準備としてワイパーなどの部品は事前に交換しておく

車検を受ける前にワイパーなど、自分で交換できるパーツは事前に交換しておきましょう。

理由は、業者に交換依頼をすると支払いが高くなりやすいからです。

例えば、磨り減って消耗しているワイパーの交換をする場合、ワイパーの定価の値段+工賃(技術料)として請求されます。
ワイパーなどの部品の型番などわかれば、アマゾンなどのネットで購入ができ、自分で交換する事ができます。

簡単な部品交換は自分で事前に交換しましょう!!

ディーラーで部品交換してもらった体験談

私が少しびっくりしたお話をしますね!

鈴木ソリオ

以前車検を受けた時に、担当者から「鍵の電池がほぼないので交換しますか?」と言われました。

私は、鍵の交換には専門の工具が必要だと思ったので、そのまま依頼をしました。

交換に少し時間がかかると思いましたが、担当者が2〜3分後に電池を交換して持ってきてくれました。

私は「もう交換終わったの?」というのが正直な感想でした。

私ソリオはなぜか電池交換の費用が気になり、車検の明細書を見ると・・・

電池の値段400円(定価)

工賃(技術料)500円 計900円請求されていました。

たかっ!!

値段が高いと感じた後、電池の交換のやり方をインターネットで調べると作業は、専門の工具は一切必要ない。

素人でも1分でできる様な超簡単な内容でした。

キーと型番があった電池をホームセンターで100円で買ってきて電池を購入すれば交換完了。

まるでテレビのリモコンの電池を交換するのに900円かかった様な感覚でした!

<値段の比較表>

ディーラーで交換 自分で交換
電池(部品代) 400円 100円
工賃(技術料) 500円 0円
合計 900円 100円

 

 

自分で消耗部品を交換すれば、車検にかかる費用を抑えれると感じていただけたらと思います。

鈴木ソリオ

まとめ

いかがでしたか?車検は工夫次第で料金を抑える事ができます。
私は予算に余裕があれば手続きも簡単で信用のあるディーラー車検を受けるべきだと思います。

しかし今回は、予算が厳しい中で車検を受けない場合、ご紹介した方法で車検を受ける方法を提案させてもらいました。

最近はインターネットの動画などで自分でワイパーの交換のやり方など調べられます。

自分で行えば手間がかかります。しかし、その分予算を抑えられます。

一度チャレンジしてみて自分には合わなさそうでしたらディーラー車検を受けるものいいかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。