車検費用がディーラーで 20 万!高いので他に安くする方法はある?

車検費用がディーラーで見積もりをしてもらったら20万円!
支払いが高額なので新車の購入を担当者から勧められたが故障箇所もなく、車の状態が良いので車検を通してもう少し乗ることにした。
しかし、本音を言えば車検費用の20万円は高いと感じている!もう少し安くしたい。

自分でできる事を含め、もう少し安くする方法はないか?

今回の記事では車検費用を安くする方法を解説します。

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

ディーラー車検が高い理由

白クマ先生

ディーラ車検は車検専門会社に比べると値段が高く設定されています。
その理由を解説しますね!

純正部品を使用している

ディーラーでは部品を交換する時には、必ずメーカー基準の部品を使用します。
メーカー基準の部品というのは、純正部品に当たります。

例えば、トヨタ車であればトヨタ社が定めた基準を合格した部品を使用します。
日産であれば日産社が定めた基準に合格した部品を使用します。

パソコンで使用するプリンターのインクでも同じ事が言えます。
純正インクと互換性のインクではほぼ、印刷する機能は変わりません。

2つのインクを使用して印刷しても、どちらが互換性インクかわかりません。(素人感覚ですが)
しかし、機能は同じなのに、互換性のインクは純正インクの相場の半額で購入できます。

車の部品も同じで、機能は同じでも互換性の部品と純正の部品では価格が違います。
よって、価格が高くなる純正備品によって車検費用が高くなります。

検査機械が高い

最近の車は電気自動車・ハイブリッド車が電気を用いて走行する車は増えてきました。
それに伴い、検査方法が複雑になりディーラーは高額な機械を購入して修理・故障箇所の対応をしてきました。
ディーラーが使用する機械の費用がおおよそ1000万円するので、機械代を支払うのに車検費用が上乗せされています。

ディーラー車検は整備の質が高いのが売りです。
質を保つにはどうしても精密な機械が必要になります。

人件費が多く発生しているから

ディーラーに行くと多くのスタッフがサービスを行っています。
受付をするスタッフ・営業マン・整備スタッフ等様々な方がおられます。
スタッフが多い分人件費が発生するので車検代に人権費が上乗せされるので高くなります。

ディーラー車検以外で車検費用を安くする方法は?

ディーラー車検では機械代が高い・人件費が発生している等から費用が高くなります。
しかし、ディーラー以外で他の車検を受ける方法はご存知ですか?今から解説しますね!

他の車検業者で見積もりを受けるべき

ディーラ車検で20万する場合他の車検業車だと安くする方法があります。
それは、車検専門業車で車検を受けると言う事です。

安くなる理由をお話ししますね!

リビルド品で部品代が安い

リビルド品とは、廃車となった車から、使える部分を取り出して再利用する部品のことです。
部品が新品ではありませんが、ただの中古品というわけでもありません。

使えるかどうかの点検がされ、消耗部分を交換するなど、新品と同じような機能を果たすように再生したもののことを指します。

ディーラー車検では、リビルド品を使う事がないので部品代が高額になります。
しかし、車検業車業者ではリビルド品を使用する事が多いです。

機能は純正部品とほぼ同じなので上手にしてもらうと車検費用も抑える事ができます。

ユーザー車検は?

ユーザー車検は車検を通す際に使用します。
理由はユーザー車検は整備を行わないからです。

ディーラー車検と車検専門業車の違いは整備を行わず公道を走る基準内であるかどうかの検査のみなので整備はありません。
よって、ディーラー車検に比べると車検費用は3分の1程度に抑える事ができます。

しかし、費用は安い分整備が行われないので、故障するリスクが高くなるので走行距離が多い車にはユーザー車検はお勧めしません。

車検費用を自分で安くする方法

白クマ先生

少しの工夫で車検費用を安くする事ができます!

自分で部品を交換する

エンジン内を自分で操作して修理を行う場合は除いて、自分で部品を交換して安くする方法はあります。
例えば、タイヤの場合、ディーラーで交換すればおおよそ5万円から6万円かかるとします。
タイヤ交換する場合、ディーラーが定めたタイヤを使用するので当然タイヤ費用が高くなります。

しかし最近では、タイヤはインターネットやメルカリ等で安く販売されているので自分で購入する事ができます。
上手くいけば相場の半額近くで購入できるので、20万円の車検が18万円など安くなります。

タイヤは取り付ける場合、ホイールを取り出したりバランスを調整する必要があるので、自分では取り付けをお勧めしません。
タイヤを購入して取り付けるのはディーラーや業者にお願いするとタイヤをつけてくれます。

タイヤをネットで購入する事で車検費用を安くする事ができます。

車検専門業車の相見積もりをする

安くする目的であればディーラー車検を受けるべきではありません。
車検専門業車であれば費用を抑える事ができます。

当然会社が違うので車検費用が若干変わってきます。
ディーラーでは20万円であればA社の場合は〇〇円B社であらば〇〇円と比較見積もりする事で値段を比較できます。
車検業社によりますが検査・整備内容は同じで、値段だけ下げてくれる場合もあります。
一度試してみてはどうですか?