ヤフオクで車を購入したらトラブルに巻き込まれた!注意点4つ解説

中古車を購入しようと考えているが、ディーラーや中古車販売店は値段が高いと感じている。
ヤフオクだと安く購入できるけど、手続きが面倒とかトラブルが多いと聞いている。

しかし、トラブル・リスクは避けたいけど安く車を買いたい!
そのためにはまず、ヤフオクのトラブル事例・注意点を知ってから購入を考えようと思っている。

今回の記事ではヤフオクで車を購入する際の気をつけるべきポイントを解説します!

車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

大前提としてヤフオクはリスクが高い

白クマ先生

ヤフオクは安く購入できますが、リスクが伴う場合もあります。
理由は大きく3つあります。
  1. 出品者が誰かわからない
  2. 一般で売れなかった車を出品している
  3. 現物を確認できない

1出品者が誰かわからない

ヤフオクではネット上のやり取りのみなので、基本出品者の情報がわかりません。
出品者は業者なのか、素人が販売しているのか、相手がどのような人か判断できません。

車を購入する際は高額商品になるので、どうしても慎重になりがちです。
以前車を所有していた人はどんな人だったのか、所有者とは別に他の人が出品しているのか?気になるのではないでしょか?

車の過去は気にしないと、割り切れる方はヤフオクで購入されるのもいいかもしれません。

鈴木ソリオ

2一般で売れなかった車を出品している

業者が出品している場合、中古車業者が一般の人から車を買取り(仕入れ)手数料を上乗せして、その車を欲しい人に販売します。
その過程で修理や整備を加えて書類手続きが完了してから販売されていきます。

人気車種で走行距離が少ない、修復歴なしなど、条件が良ければすぐに車は売れていきます。
しかし、すぐに売れると思っていた車が思ったより売れないというケースもあります。
販売業者は売れない場合、値段を一定の期間下げて購入する人を待ちます。

しかし、それでも車が売れない場合があります。
売れない場合業者は、在庫として抱えたくないので何とかして売りたいと考えます。
そんな売れない車の販売網を広げる方法としてヤフオクで出品していきます。

つまり全てではないですが、ヤフオクで出品されている車は「売れなかった」という車が多いです。
売れない車ですが、もしかしたら掘り出しものがあるのか、それとも何か欠陥があるからなのか気になる所です。

3現物を確認できない

ヤフオクには必ず出品者情報が掲載されています。
出品者情報が九州であなたの現在の住所が東京だとしたら、現物を確認するにはかなりの移動が必要になります。
たまたま住んでいる住所と出品者が近い距離であれば現物を確認できます。

しかし、仕事が忙しくて現物が見れない場合、写真だけの判断で車を購入する事になります。
現物を見ない事には掲載写真以外にある凹みや傷を発見する事ができません。

エンジンのかかる音は正常であるか、変な音はしていないか。
現物を自分の目で見ないとわからない事が多いので写真だけで購入を判断するのはお勧めしません。

場合もし購入したいあなたが関東に住んでいるとしたら全ての車が現物を確認する事ができないわけではありません。

トラブルに巻き込まれない様に気をつけるポイント4つ

  1. 名義変更をしてくれない
  2. 故障を隠して出品している
  3. 代金を支払ったのに納車してくれない
  4. メーターの交換・巻き戻しをして出品している

1名義変更をしてくれない

契約が終了して、いざ納車となっても販売者側が名義変更をしてくれない場合があります。

名義変更変更ができない場合、事故や違反を起こした場合、前の所有者が責任を問われる婆があります。
また、自動車税の支払いが前の所有者にかかってきます。

事故や違反・自動車税の支払いが発生するのになぜ、売主側は名義変更しない理由は何かあるのでしょうか?
考えられるのは前の所有者が「車のローンを完済していない為名義変更ができない」問題があります。

つまり、前の所有者がローンを完済しないと車体が手元にあっても名義変更ができません。
従って購入しても「あなたの車」ではなく「前の所有者の車」と言う事になります。

2故障を隠して出品している

タイヤのブレーキパッド、ワイパーのゴムが切れているなど、費用はあまりかからず安値で交換できるのでトラブルの原因になりにくいです。
しかし、エアコンやタイミングベルトの故障など、高額の費用がかかるものに対してはどうでしょうか?

エアコンなど故障している場合、車の査定額は大きく下がるので出品者にとっては痛手です。
「故障をしているのに気づかなかった」と平気で嘘をついて出品している業者もいます。

相手が悪質な業者の場合、「現状確認しない責任はそちらにある」「ヤフオクでは購入後はノンクレーム・ノンリターンが原則だ」など、修理代に応じようとしません。

このようなケースにならないように車をこ購入する際は必ず現物をチェックしましょう!

3代金を支払ったのに納車してくれない

オークションは個人間の取引になる為、約束が守られない場合があります。
車販売会社は車を販売する仕事なので約束を守らないということはありません。

売主も個人で売るので仕事の都合がつけられず納車できない状況です。
購入する前にやり取りで納車の日にちを3つぐらい確認してから購入するのをお勧めします。

4メーターの交換・巻き戻しをして出品している

車の価値は走行距離が少ない程価値が高いとされています。
本来であれば相場より値段が高いはずです。

しかし、走行距離が少ないにも関わらず、値段が車種の相場より異常に安い車があります。
このようなケースはメーターの偽装が疑われます。

メーターの艤装は「自動照会」で発覚します。
全国のオークションでは車の出品歴が共通管理されています。
あなたが購入しようとしている車も走行距離もデーターシステムとして記憶されています。

2回目以降にオークションに出品された時に自動紹介されます。
つまり、同じ車でも以前のオークション出品時では走行距離が〇〇㎞だったのに、今回は大幅に走行距離が減っている!
と言う事で発覚するケースが多いです。

偽装が疑われる場合は出品者に直接確認するか、他の業者を通じてオークションの履歴を調べることをお勧めします。