ユーザー車検とディーラー車検の値段差はいくら?比較検証してみた!

新車購入から3年目に初車検!
以降、2年おきに受けなければいけない車検。

ユーザー車検とディーラー車検の違いは何?

なぜ、これほどまでに値段差があるのか・・・

値段が違うにはきちんとした理由があります。

今回の記事でわかる事
  • ユーザー車検とディーラー車検の値段差がある理由
  • 2つの車検内容の違いについて
車を高く売るならこちら

【無料】あなたの車の買取相場を知る

おすすめ買取店

  • 楽天オート

    楽天会員なら会員ID・パスワードで簡単入力で査定可能! 買取成立で1,500ポイント 100社以上の買取店が登録 最大10社まで査定可能 査定会社を選べる

    評価
    登録買取数100社
    JPUC加入済み

    楽天が運営する車一括査定。申し込むだけで5ポイント、売却すると1500ポイントもらえます。 1500ポイント=楽天で15万円分の買い物をした時に付与されるポイント。買取業者も選べるので知らない業者から電話がかかってくることもありません。楽天会員なら簡単45秒入力で査定できるのでおすすめ!

  • 査定比較.com

    9月は高額査定のチャンス!また、期間中の契約で現金10万円が当たるキャンペーン実施中! 2019年12月2日15:00まで

    評価
    登録買取数200以上
    JADRI加入加入済み

    買取店業界で最もで厳しい審査基準であるJADRIに唯一加入しています。 顧客満足度が非常に高く、良い口コミが役9割を締めています。 初めての車査定を受けたいと思っている人にはオススメ!丁寧な車査定士が誠実に対応してくれます。 お支払いまでスッキリ気持ちよく買取りしてもらえるでしょう!

  • ユーカーパック

    5000社がオークションで入札 電話はユーカーパック1社のみ 査定も自宅や最寄りのガソリンスタンドで1社だけ 個人情報が申し込み以外の買取店側に渡らない

    評価
    登録買取業者数5000社
    JPCU加入済み

    「ユーカーパック」は1回の査定で5000社以上からオファーを受ける車買取オークションです。 車一括査定のデメリットである「しつこい電話」「多くの買取店との査定」「個人情報が複数の業者に送信される部分を排除しているのが特徴です。 今ならお車の売却でAmazonギフト券が当たる!2019年11月30(土)までの申し込み

ユーザー車検の値段とディーラー車検の値段が違う

白クマ先生

ただ、値段が安いから・・・だけで判断せず、車検の中身を理解した上で、どの車検を受けるかを選んで欲しいですね。
トヨタ・アクア(1500Kg) 軽自動車
ユーザー車検 45,000円 32,000円
ディーラー車検 10万円 7万円
差額 55,000円 48,000円
軽・普通自動車でもユーザー車検とディーラー車検の金額が2倍以上違いますよね?

鈴木ソリオ

白クマ先生

金額が倍以上違うのには理由があるんだよ

車検項目が違う

  1. ユーザー車検は8種類の検査のみ
  2. ディーラー車検の検査項目は56項目の検査項目で細かく分析して故障を予防する
  3. ディーラー車検は予防整備を行う
  4. ディーラーの部品は純正部品で定価の値段なので高い

ユーザー車検の検査は8種類のみ

白クマ先生

ユーザー車検の検査項目を紹介しておきますね
  1. 外回り検査; 車の外観(車体・灯火類など)問題がないか
  2. 同一性の確認; 車検証や申請書類に不備がないか 書類と車両が同一であるか
  3. サイドスリップ検査; 前輪タイヤが横滑りせず、真っ直ぐ安定して走れるか
  4. ブレーキ検査; 前輪・後輪・駐車ブレーキが正しく効くか
  5. スピードメーター検査; 実際の速度と車内の速度機器との誤差がないか
  6. ヘッドライトの検査; 光量・光軸が基準値内であるか
  7. 排気ガス検査; 排出ガスの汚れ具合と炭化水素の濃度のは基準以内であるか
  8. 下廻り検査; 車両下部の不具合(オイル漏れ)などあるか

ユーザー車検は公道を走るための必要最低限の8種類の検査のみです。
理由は国が定めた、基準値を満たしていたら、合格だという考えだからです。

検査を無事クリアしても今は異常・故障箇所はありませんと言う事です。
検査時に異常・故障箇所が見当たらないので検査のみで車の予防整備を行いません。

MEMO
ユーザー車検は検査費用だけであり、整備費用は含まれていない。
ユーザー車検は整備をせず、検査のみだから安いんですね!

鈴木ソリオ

白クマ先生

しかし、車検後の24ヶ月の間、異常・故障が出てくるかもしれません。
そこで大切な役割を果たすのがディーラー車検です。

ディーラー車検の検査項目は56の検査項目で分析して故障を予防する

<ディーラー車検の検査項目>
ユーザー車検の検査項目(8種類)+48項目の検査+整備を行います。計56項目

ディーラー車検の方が、細かく手厚い検査をされるんですね

鈴木ソリオ

白クマ先生

ディーラー車検の検査項目の一部を紹介しておくね
  1. ファンベルトの緩み・損傷
  2. パワーステアリングベルトの緩み・損傷・湯量・油漏れ・取り付けの緩み
  3. ブレーキマスタシリングの液漏れ・摩耗損傷
  4. 点火プラグの状態・点火時期・ディストリビューターキャップの状態
  5. バッテリーターミナルの接続状態
  6. エアクリーナーエレメントの状態
  7. 電気配線の接続部の緩み・損傷
  8. ホイールシリンダ、ディスクキャリパの液漏れ +その他48項目

白クマ先生

こちらで56の検査項目を1つずつ書くのは省略させてください(笑)
比較するとディーラー車検の方が検査項目が7倍!!入念に検査されるので金額は高くなりますね!

鈴木ソリオ

これまでの確認ポイント
    1. ユーザ車検は公道を走るための必要最低限の検査のみ
    2. ディーラー車検はユーザー車検の検査項目の8倍+整備。

ディーラー車検は予防整備を行う

ディーラーでは「予防整備」を行います。
次回の車検(24ケ月後)まで、安全に乗るための整備です。

予防整備は車検時に受ける点検・検査費用とは別扱いになり、予防整備を行わなくても車検を通すことができます。

白クマ先生

車検を通すだけなら必要ない整備なのに今後、安全に運転するための整備です

医学で言うと病気を未然に防ぐための予防医学のようなものです。

予防整備としてわかりやすいのは「タイヤ交換整備」です。

車検内の項目ではタイヤの溝が規定値より残っていれば車検を通すことができます。

しかし、ディーラーでは溝の規定値を下回る前にタイヤ交換を勧められます。

理由は、タイヤの溝が減ったり、ひび割れが進むと雨の日の運転中、横滑りで事故を起こしたり、パンクなどのトラブルを起こすリスクが高くなるからです。

故障やトラブルを防止するために事前にタイヤ交換を勧めてきます。

タイヤの料金はメーカーやサイズなどにより異なりますが、タイヤの本体の値段+工賃(技術料)として計10万円以上の追加費用になる場合があります。

この追加費用分車検が高くなることがあります。

鈴木ソリオ

車が故障してから修理となれば余分な費用がかかるだけでなく、高速道路で立ち往生したり、事故に巻き込まれてしまう危険性も高まります。

事前に予防整備で対処しておけば、リスクを避けられ結果的に費用は安く済むといのがディーラー側の考えです。

予備整備は事前にトラブルを防ぐため、念押しの検査・整備だと考えていただけたらと思います。

ディーラー車検で使用する部品値段が高い

街中の整備工場やカー用品店では整備の際に使用するリビルド品と言う中古に近いものや、店舗で売っている物を利用しています。

一方のディーラー車検では交換する部品は正規品(純正)の新品を用いるために部品代等が高くなってしまいます。

身近であれば、パソコンのプリンターの純正インクと、互換性のインクの値段を比較した場合、品質の差は大きく変わりません。(あくまで素人感覚です)

品質にほぼ変わりはないが、純正部品か互換性を用いる事で金額は倍以上変わってきます。

白クマ先生

互換性が心配であれば金額は上がりますが、安心をを買う意味では純正備品を使用するのがいいかもしれません。

ユーザー車検を初めて受けた私の体験記

ここで、私の過去のユーザー車検の体験記をお話ししたいと思います。

鈴木ソリオ

トヨタ・アクアの新車購入から3年経過して初めての車検の時期がやってきました。
当時はディーラー車検を受けようとしていましたが、子供の養育費等で車にかける費用がなく、なんとか車検を安くする方法はないかと迷っていました。

友人に相談したところ、ユーザー車検の事を知り自分でインターネット予約をして車検当日を迎えました。

初体験で緊張して行きましたが、陸運局の受付の方が書類の書き方や必要書類の提出するタイミング等、優しく教えてくれました。

予約をして行ったので待ち時間は15分ほど。
検査を受けている間、自分の車がベルトコンベアーの流れに乗ったかのような感じでした(笑)

車に乗ったままで検査官の指示に従い、前進していくと一つずつの検査項目があり、指示でワイパーを動かしたり、電気を点灯させたり40キロのスピードを出したり、とにかく指示に従って検査を受けると10分ほどで終わりました。

正直、車検がこんな早く終わるとは思っていなかったので驚きました。

今から考えたら予防整備がなければ早いなと思います。

ディーラー車検がオススメの人
  • 車にかける予算がある。
  • 車検後の24ヶ月を安心して乗りたい。
ユーザー車検がオススメの人
  • 出来るだけ予算を抑えたい。
  • 早く検査を終わらせたい。
最後まで読んでいただきありがとうございました。